企業の社会的責任

航空輸送は、世界中で福祉、機会、雇用の創出に貢献しています。残念なことに、CO2も排出します。これを避けることは、現時点では不可能です。しかし、クリーンな技術で飛ぶ努力は続けています。AF-KL-MPカーゴでは、すでに環境への影響を少なくする多くの対策を講じ、今後も継続する予定です。

ビジョン

当社の新しいCO2情報/還元サービス「CO2mpensation」では、お客様にも貢献していただくことができます。貨物のCO2排出量を把握し、相殺の可能性をご検討ください。相殺のための寄付金はすべて、ゴールド・スタンダード認証を受けた風力、水力、太陽光発電プロジェクトに投資されます。これらのプロジェクトは、CO2の排出なしに、しかも最小限のコストでお客様の貨物に使用されたのと同量のエネルギーを生成します。こうして、ビジネスと地球の両方を健全に維持することができるのです。ご協力をお願いします。

目標

航空貨物業界の大手として、エールフランス-KLM-マーティンエアーカーゴは、社会的責任を真剣に考えています。世界の航空貨物業界によき規範を確立することが、当社の目標です。この目標は、当社の規模とマーケットにおける地位を反映しています。国際規模の事業が環境と社会に与える影響を認識しつつ、当社は多くの面から行動を起こしています。サステイナビリティは、組織のあらゆるレベルで実現しつつあります。また、エールフランスKLM全社でも、収益性の向上、環境への貢献、社会活動に取り組んでいます。エールフランスKLMは、すべての関係者と信頼関係を構築し、地域レベルでも国際レベルでも責任あるグループとなり、規制を上回る環境保護に投資する意欲を持っています。エールフランスKLMにとって、安全と安心はゆるぎない使命です。

ポリシー

エールフランス-KLM-マーティンエアーカーゴは、従業員のみならず、お客様の福祉にも力を尽くしています。地域的、全世界的な環境への影響、排出、騒音公害、廃棄物管理に関する当社の方針は、グループ内で統一した方針を打ち出しています。環境に関しては、特にCO2排出削減に重点を置いています。このために、継続的な保有機材の更新、CO2排出の長期的抑制、ゴールド・スタンダード証書の購入を通じたCO2排出の相殺に努めています。
エールフランスKLMの持続可能性に関する企業方針については、airfranceklm 持続可能な開発または2013年CSRレポート(PDF)をご覧ください

年次報告書

当社の社会的責任に関する最新のレポートは、こちらからダウンロードしていただけます。

ランキング

エールフランスKLMは、2013年、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)および財務以外の格付け機関であるRobecoSAMによって高い評価を受けています。エールフランスKLMグループは、9年連続で「航空部門」のリーダーに選定されました。また、航空、鉄道、海上、陸上輸送と空港業務を合わせた「輸送部門」全体でも5年連続で第1位に輝きました。このように、エールフランスKLMは、業界で最も持続可能な企業24社の1つに挙げられています。業界におけるサステイナビリティリーダーとして、エールフランスKLMは、常に積極的な取り組みを続け、新しい持続可能な開発プロジェクトを提案しています。

CO2に関してご質問は?

CO2に関してご不明な点は、メールでお問い合わせください。

弊社ウェブサイトでは クッキー(cookie) を使用しています
閉じる