情報&データ

CO2排出における航空貨物の役割は?
情報とデータをご紹介しましょう。

CO2と輸送

航空輸送業界(旅客輸送と貨物輸送)におけるCO2排出は、人為的なCO2排出全体2~3%を占めています。航空貨物輸送による排出は、世界の総カーボン排出量の0.3~0.6%です。しかし、空輸される貨物は製造物の年間総輸出高の35%を占めています。自家輸送、トラック輸送、船舶輸送を含めた輸送業界全体は、通常、人為的な総CO2排出量の23~25%を占めると推定されています。

輸送方法

以下のグラフは、1Kwhのエネルギーで1トンの貨物を輸送できる距離を輸送方法別に示しています。

当社のCO2排出

エールフランスKLMの長距離旅客便は、全CO2排出の68%を占めています。陸上業務による排出は1%にすぎません。貨物便はエールフランスKLMの総CO2排出の9%を占めます。

貨物機のタイプ

燃料効率の高い航空機を使用することは、CO2排出を削減する最も有効な方法です。AF-KLカーゴは、最も機齢が若く、したがって最も燃料効率が高く、環境にやさしい機材を保有しています。

CO2に関してご質問は?

CO2に関してご不明な点は、メールでお問い合わせください。

弊社ウェブサイトでは クッキー(cookie) を使用しています
閉じる