共同クオリティポリシー

エールフランス-KLM-マーティンエアーカーゴは、プロセスを改善し、お客様のニーズに合わせてプロダクトやサービスを継続的に改善するための強力な品質保証プログラムを誇ります。高い透明性でパフォーマンスを評価する業界規格「Cargo 2000」の導入でも業界をリードしています。
 
エールフランス-KLM-マーティンエアーカーゴは、輸送の信頼性、飛行の安全性、職場での健康と安全、環境の保全に努め、法律や規制の要件を順守しています。

クオリティプロセス

プログラムの改善は、あらゆるレベルで継続的に行われています。これらは、事業計画および定期的な経営見直しの重要な一環となっています。各航空会社が、自社ハブ空港でISO 9001:2000の認証を取得していることもポイントの1つです。その他:
  • 3つの航空会社は、世界的サプライチェーンの共通の基準となる「Cargo 2000」を導入しています。Cargo 2000のパフォーマンスデータは一般公開され、定期的な業績をお客様と話し合う際の基準となります。
  • お客様とは、さまざまなレベルで頻繁な話し合いを継続します。
  • 一部のお客様には、カスタマイズしたウェブページをご用意しています。
  • また、毎年、お客様満足度調査を実施し、サービスの改善や効率化を検討しています。
  • 当社は、警備の強化、温度管理、その他の輸送上のニーズに対応できるようプロダクトやプロセスを企画しています。
  • 賠償請求やクレーム内容を分析して、業務改善を進めます。

品質管理情報

各のエールフランス-KLM-マーティンエアーカーゴ担当者が、いつでも当社の品質への取り組みやお客様のニーズへの対応について詳しくご説明します。当社のクオリティポリシーやパリ・シャルル・ド・ゴール空港またはアムステルダム・スキポール空港経由の具体的なサービス/ネットワークのプロセスについては、「業務 - CDGハブまたはSPLハブ」からご覧ください。

弊社ウェブサイトでは クッキー(cookie) を使用しています
閉じる