スキポール空港

スキポール空港貨物ハブは、貨物ビル1、2、3で構成されます。ビル1での貨物の取り扱いは1967年に始まりました。ビル2は1982年から、ビル3は1991年から稼働しています。スキポール空港のハブには、動物用のアニマルホテル、貨物の温度調節に対応するコンディショニングコンピテンスセンター、貴重品を保管する金庫など、お客様の大切な貨物を取り扱う専用設備を揃えています。
スキポール空港貨物ハブでは、お客様の多様な輸送ニーズに応えるため、常にクオリティと生産性の向上に取り組んでいます。シャルル・ド・ゴール空港のハブと並び、スキポール空港のハブも欧州の重要な窓口です。

エクスプレス貨物:Equation

貨物ビル1には、Equationプロダクト、郵便物、その他の価値の高いルース貨物を専門的に取り扱う部門があります。ここでは、欧州内および世界各地への便を扱います。また、専用の荷受け/配送サービス、上屋作業、書類処理、陸上輸送に対応する独自の総合設備があります。貨物取り扱い業務は、上屋管理と貨物動態をリアルタイムで追跡する、バーコードを利用したIT技術に支えられています。

セキュリティ

スキポール空港のハブは、KLMの貨物警備事務所につながった24時間のビデオ監視システムにより、万全の警備体制を誇ります。輸出用搬入口では検査機器が利用されます。また、貨物ビル1では、探知犬が積み込み前の貨物をランダムにチェックします。

ハイテク設備

スキポール空港のハブは、最新のハイテクソリューションを導入しています。例えば、パレット&コンテナハンドリングシステム(PCHS)は、配送から積み込みまでパレットやコンテナの輸送を完全に自動化しています。PCHSには、1,200の保管ポジションがあります。

クオリティ:Cargo 2000(C2K)

取り扱い時間を最短化を図るため、ターミナルは現在、出発も到着もプロセス重視型となっています。当社の業務改善プログラムの重点の1つは、「予約どおりに搭載する」ことです。金額に見合う価値を提供するには、プロセスの透視性を高める必要があります。このため、多様な貨物追跡機能やカスタマイズ可能な自動メッセージでお客様に貨物の状況をお知らせしています。当社では、Cargo 2000(C2K)業界規格を通じてパフォーマンスを把握し、ネットワークとすべてのプロダクトを通じた戦略的クオリティシステムとしても同規格を活用しています。

主要データ

* 貨物ビル1:27,000平方メートル
* 貨物ビル2:20,000平方メートル
* 貨物ビル3:21000平方メートル
* 従業員数:1,200
* B747-400ER貨物機用の駐機スポット4カ所

弊社ウェブサイトでは クッキー(cookie) を使用しています
閉じる