E-freight(完全ペーパーレス)

E-freightプログラムに参加しましょう!究極のデジタル貨物の旅:紙面の書類を貨物に添付する必要のない貨物輸送。E-freightの目標は、貨物のサプライチェーン全体を通じて、紙面の文書からデジタル化を進め、より迅速でコスト効率に優れた、正確で、信頼できる輸送プロセスを提供することです。

E-freightは、航空貨物輸送のためのエンドツーエンドのペーパーレスプロセスを構築することを目指したIATAの取り組みです。この取り組みは、運送会社、貨物フォワーダー、地上取扱業者、荷主、通関業者、税関当局を含む、貨物サプライチェーンのすべての関係者を対象としています。E-freightは、すべての輸送関連文書の非物理化とデジタル化を指します。これには、税関手続き、航空および陸上輸送、商業および特別な貨物関連文書が含まれます。

E-freightのメリット

今日でも、紙は航空貨物業界において重要な役割を果たしています。しかし、紙を取り扱うことは貴重な時間を要し、紙の文書は紛失する可能性があり、紙が環境に与える影響も大きいものです。電子輸送貨物は、出発地から目的地まで、紙の書類を一切伴わずに輸送される究極のデジタル貨物輸送を意味します。

完全にペーパーレス化された貨物輸送は、サプライチェーン内のすべての関係者に多くの利点を提供します。
  • サプライチェーンの高速化: 貨物搬入の前に、電子書類を送信することにより、サイクルタイムが短縮されます。
  • コスト削減:航空貨物業界全体で、年間49億米ドルのコスト削減が可能。
  • ミスをなくし精度: RCS生成までに、貨物の出発点で電子データを一度だけ入力すれば済むため、データ入力のミスやデータ相違による貨物の遅延が少なくなります。
  • セキュリティ向上: 電子書類は、貨物の輸送に係る関係機関以外には開示されません。
  • 規制遵守: E-Freightは、すべての電子書類およびデータについて、税関、民間航空、その他の民間航空管理当局が要求する国内・国際規制に準拠しています。
  • 環境にやさしい:E-freightは、航空貨物産業が環境に与える影響を軽減するのに役立ちます。IATAによると、E-freightプログラムは、毎年約8トンの紙文書を削減する可能性があります。

デジタル化される文書の種類

このようなメリットを最大限に発揮するため、E-freightは貨物輸送からすべての紙の書類を排除することを目指しています。

航空貨物運送状
航空貨物輸送における重要な書類のひとつに、運送人と荷主の間の運送契約書として機能する航空運送状(AWB)があります。この文書は、現在、その電子版であるe-AWBに合法的に置き換えることができます。紙からe-AWBへの切り替えは、E-freightの重要な一歩です。こちらを読んで、アカウントをアクティベートし、サプライチェーンから紙の書類をなくしましょう!

セキュリティ申告
Consignment Security Declaration (C.S.D.)の添付は、標準のIATA形式に従って、貨物の完全な安全監査履歴に関する洞察を提供します。すべての必要な情報がe-AWBに記載されていれば、紙のCSDなしで貨物を送ることができるようになりました。サプライチェーンからこの紙の書類をなくす方法はこちらをご覧ください。

特殊貨物書類
特殊な製品を輸送するには、通常、貨物に添付するか、書類用パウチに入れた特殊な貨物書類が必要になります。これには、例えば危険物申告書や生きた動物および生鮮品などの証明書が含まれます。

その他の輸送書類
多くの航空貨物輸送において、輸送の最初と最後の部分は陸上輸送によって行われ、運送契約書として紙の書類(例:CMR運送状)が使用されます。完全なペーパーレスな貨物輸送を実現するためには、これらの書類もデジタル化されるべきです。

デジタルチェックイン

アムステルダム・スキポール空港でデジタル・チェックインを導入

アムステルダム・スキポール空港では、KLMカーゴでの輸出貨物を出荷前にデジタルチェックイン(輸出)することができます。デジタルチェックインは、Cargonaut ITシステムのeLinkで行うことができます。カーゴデジタルチェックインにより、保安検査と税関検査が事前に完了するため、グラウンドハンドリングのプロセスが大幅に短縮されます。




デジタルでチェックインされていない貨物は、ドキュメンテーションオフィスにてドキュメンテーションスタッフが手作業で書類をチェックする必要があります。

貨物輸送のデジタルチェックインの主なメリットは、スピードとより効率的な業務プロセスです。デジタルチェックイン済みで完全ペーパーレス(EAW)の貨物は、直接倉庫へ進み、デジタルチェックイン済みでパウチなどの付随書類がある貨物(EAP)は、KLMカーゴドキュメンテーションの優先ドロップオフデスクをご利用いただけます。

デジタルチェックインに参加する方法は?

  1. IATAの多社間e-AWB協定に参加する(こちらをクリック して参加)。
  2. フォームに記入し、AFKL eAWBのアクティベーション通知をリクエストしてください。
  3. AFKLMからのアクティベーション通知をお受け取りになります(FWBが弊社の基準を満たしている場合、アクティベーション通知が送信されます)
  4. eLink用 Cargonautに登録する。

KLMオランダ航空の受け入れ条件の詳細については、こちらをクリックしてください。

デジタルチェックインのよくあるご質問 FAQ(AMSのみ)

KLMでデジタルチェックインを導入する理由は?

エールフランスKLMは、プロセスを効率化することでオペレーション上の貨物処理のさらなる効率化を目指しています。この効率化の重要な部分がデジタルチェックインです。これにより、すべてのサプライチェーンパートナーに対してより迅速な業務プロセスが保証されます。eLink(Cargonautシステム)によるデジタルチェックインにより、より迅速な荷役作業が可能になりました。航空貨物業界では、まだまだたくさんの紙が使われています。デジタルチェックインでは、このペーパーワークの重要な部分がデジタル化されます。

お客様にとってeLinkを介したデジタルチェックインの主なメリットは?

スピードと、より効率的なオペレーションプロセスが可能になります。デジタルチェックインにより、サプライチェーンのすべての関係者にとって時間短縮が実現します。

貨物のデジタルチェックインとは何を意味しますか?

デジタルチェックインとは、グランドハンドラーであるKLMカーゴへの輸出貨物の引き渡しに先立ち、フォワーダーとトラック運送会社によってすべての手続きが完了されていることを意味します;
- 輸出管理システム(ECS):このインジケーターは、輸出貨物の税関申告が正常に完了し、税関がECSメッセージを受理し、貨物が欧州連合を出国ことを示す場合に「グリーンのステータス」が表示されます。
- 税関検査(税関):このインジケーターは、税関が追加の税関検査を通告していない場合に「グリーンのステータス」が表示されます。このインジケーターは、税関が貨物輸送の検査(物理的コントロール/ FYCO)を通告した場合に「レッドのステータス」が表示されます。
- ペーパーレス貨物追跡システム(PGTS):このインジケーターは、e-AWB、荷物の数、および荷物の場所など、すべてのPGTS情報が正常に受信された場合に「グリーンのステータス」が表示されます。これにより、税関は貨物の詳細と位置を確認できます。これにより、第一倉庫と第二倉庫の間のコンプライアンスに準拠したペーパーレス輸送が可能になり、空港での輸出貨物の受け渡しの際、輸送会社にとって大幅に時間が短縮されます(つまり、地上ハンドラーでのT1書類手続きに取って代わります)。
- 航空保安(AvSec):このインジケーターは、貨物の保安ステータスが受理された場合に「グリーンのステータス」が表示されます。
関係者は登録代理人(RA)である必要があり、運送会社は EU データベースに登録されている必要があり、貨物は貨物セキュリティステータス (SPX) を必要とします。
- ペーパーレスインジケーター:このインジケーターは、添付文書のあるe-AWBかどうか、e-AWB貨物がどの程度ペーパーレスであるかを示します。このインジケーターは、「FWB」にフォワーダーによって必要なコード「EAW」または「EAP」が記入され、この情報が正常に受信された場合に「グリーンのステータス」が表示されます。このインジケーターは、この情報が欠落している場合に「レッドのステータス」が表示されます。EAPとは、パウチなどの添付書類がついたe-AWB貨物のことを意味します。EAWとは、添付書類のないe-AWB貨物のことを意味します。EAP貨物は、書類を迅速に提出するためにeLink プライオリティデスクを利用し、KLM カーゴドキュメンテーションに立ち寄る必要があります。一方、EAW貨物は究極のデジタル貨物輸送を意味し、荷卸しと輸出配送のために直接倉庫に進むことができます。

KLMのデジタルチェックインの対象範囲は?

デジタルチェックインの対象となるのは、アムステルダム・スキポール空港を拠点とするKLMが取り扱うすべての輸出貨物です。また、KLMの提携航空会社(エールフランス航空、デルタ航空)の接続便を利用する場合も、デジタルチェックインが可能です。このサービスは、アムステルダム以外のステーションではまだご利用いただけません。
すべての貨物製品はデジタルでチェックインが可能です。

デジタルチェックインを利用しない場合でも、輸出貨物をKLMに搬入することはできますか?

運送業者やトラック運送業者がデジタルチェックインを利用しない場合でも、KLMで輸出配送を行うことができます。その場合、書類作成などの荷受けにかなりの時間が必要となる場合がございます。

KLMで輸出貨物を配送する際、eLink運送を成功させるにはどうすればいいですか?

eLinkでシームレスな配送プロセスを実現するには、以下が必要です:
- 事前通知(eLink内)を作成するために、eLinkを訪問します。
- 到着前にFWBをKLMとcargonautに(デジタル)送信し、KLMからFMA確認書を受け取ります。
- eLinkでは、すべてのeLinkインジケーターがグリーンのステータスを示しているかどうかを確認することができます。KLMの場合、時間短縮のためには、コードEAPまたはEAWを入力する必要があります。パウチなしの貨物(=EAW)の場合、トラックの運転手はセキュリティロッジで手続きをした後、KLMの倉庫に直行することができ、その後は書類部門に立ち寄ることなく、最大限の時間短縮を図ることができます。
- 配送(トラック全体)のすべての貨物は、デジタルチェックインする必要があります。
- eLink運送:トラックの運転手の名前とトラックのプレートナンバーを記入し、行程を事前に通知します。

KLMデジタルチェックイン/eLinkについて質問がある場合、KLMの問い合わせ先はどちらですか?

KLM eLinkに関するご質問は、カスタマーサービスまたはKLMアカウント・マネージャーにお問い合わせください。

当ウェブサイトでは、必要な機能性クッキーと分析クッキーのみが使用されています。弊社では、マーケティングトラッカーを使用していません。もっと読む