デジタルプロセスを進める

e-freightプログラムに参加しませんか?e-AWBは、完全ペーパーレスのサプライチェーン・プロセスであるe-Freightの実現に向けた第一歩で、電子システムによって、時間と費用を節約することができます。e-AWBは、マスター・エアウェイ・ビル(AWB)をデジタルで代替したもので、FWBと呼ばれる電子データで送信することができます。ハウス・エアウェイ・ビル(HAWB)も、デジタル化し、FHLと呼ばれる、電子通信で代替することができます。

電子処理は、迅速かつ容易に行われます。私たちは、お客様側での電子化への移行手続きのために必要な情報を、すべてご提供しています。ぜひ今すぐフォームにご入力ください。

ご不明な点等がございましたら、私たちのe-freightチームにお問い合わせください :
mail.efreight@airfrance.fr

ペーパーレス化に向けたアクション・ロードマップ

ステップ1: IATAの多国間e-AWB協定に参加。

この合意は、お客様とIATAの間において、従来の紙面AWBの裏面の条件を扱うものです。所要時間は数分間です。詳細については、IATAのウェブサイトをご覧いただき、ご署名ください: https://www.formstack.com/forms/iata-multilateral

ステップ2 : マスター・エア・ウェイビル、ハウス・エア・ウェイビルのデータ(FWB/FHL)の電子送信。

FWBはさまざまな方法で送信できます:
  • CPS: エールフランスKLMでは、お客様にCPS(カーゴ ポータル サービス)を提供しています。このシステムは、フリーポータルとして、オンライン予約e- Booking、e-AWB、e-HAWBに対応しています。
  • また、FWB/FHLに対応する第三者からデータを送信していただくことも可能です。ITソリューションプロバイダーが提供する、ニーズにあわせたFWBならびにFHLメッセージの作成・送信サービスをご利用いただくこともできます。市場ではさまざまなツールが提供されています。
  • V自社ITシステム経由での送信: お客様のシステムには、既にFWBおよびFHLに対応している可能性があります。確認するには、関連のIT部門までお問い合わせください。IT部門でシステムをサポートしていない場合であっても、現在お使いのシステムにこの機能を追加できる可能性があります。

ステップ3: AFLKLMからの契約締結のアクティベーション通知が送信されます


お客様の電子データが正確である場合、e-freightチームから、アクティベーションの通知をお客様に送信した時点で、契約の締結が確定されます。この時点から、お客様はAFKLMのEDI顧客となります。

ステップ4: この時点から、FWB/FHLメッセージを送信できるようになっています

私たちのシステムで、お客様がEDI顧客としてアクティベートされると、FWB/FHLメッセージを私たちに電子送信し、紙面のMAWB/HAWBドキュメント不要で発送を行うことができるようになります。規制、運用あるいは通関手続き上の理由から、紙面のAWBが必要な目的地では、AFKLが紙面AWBを印刷します。

日常の発送業務でe-AWBを使用する方法

ステップ1: フォワーダーがキャリアに予約を取る

電話あるいはオンライン(MyCargoまたはCPS)からご予約いただけます。デジタルプロセスでは、FWB/FHLメッセージを送信する前に、ご予約が必須となります。

ステップ2: FWB/FHLメッセージを送信する

ご予約後、お客様から、FWB/FHLメッセージを送信します。e-AWBを使用する場合、紙面のAWBを印刷する必要はありません。e-AWBが送信されると、航空会社の運用システムが更新されます。航空会社に積荷を引き渡した時点で、ご依頼の内容が運輸契約として成立し、荷主からの物品受領のメッセージ(RCS)が送信されます。

ステップ3: フォワーダーがFMAまたはFNAを受信

FMAは、AFKLから、FWB/FHLの送信者への受信確認のメッセージです。これは、お客様のメッセージを、AFKLのシステムで受け取ったことを意味します。このあと、AFKLに輸送したい物品を搬入できます。(FMAメッセージで受取確認の受信を希望される場合は、e-freightにご連絡ください。)FNAは、AFKLシステムでメッセージをできなかった場合に送信されます。これは、FWB/FHLメッセージのシンタックス/内容に不備があったことを示します。この場合FWB/FHLを修正/変更してから、再送していただく必要があります。エラーメッセージはセグメント名を示し(例: RTD)、またエラーについて説明します(例: 料金説明の詳細が無効、あるいは存在しません - AWB 料金 行番号)。

ステップ4: フォワーダーが積荷を搬入

データを正確に送信し、確認通知を受信してから、輸送する貨物を物理的に搬入します。FWB/ FHLメッセージは、物品の引き渡し時点までは修正することができます。

ステップ5: 運輸契約の承諾

書類データと物品の受領が完了し、確認を行った後で、航空会社からRCSが送信されます。

e-AWB アクティベーション申請フォーム


弊社ウェブサイトでは クッキー(cookie) を使用しています
閉じる