ネットワーク

エールフランス-KLM-マーティンエアーカーゴは、2019年10月27日(日)~2020年3月29日(日)の間、冬季スケジュールでの運航を予定しています。

当社が保有する長距離旅客機187機と貨物専用のフルフレーター機6機の新型機で、二つのハブ空港-パリ・シャルル・ド・ゴールおよびアムステルダム・スキポール空港-から弊社のグローバルネットワークを通じて、125の独自の就航都市へ向けて週1,100便を運航し、幅広い貨物積載力を提供しています。

2019-2020年冬の新たな就航便

私たちは、毎シーズン魅力的な新しい機会をともなった当社ネットワークの拡大に取り組んでおります。
  • 発着地アムステルダム・スキポール空港(AMS) からインド、バンガロール空港(BLR)行き, 週3便、またコスタリカ、リベリア(LIR)行き、週4便。冬季の再開便として、アメリカ、フロリダ州マイアミ空港(MIA)行き, 週3便。
    貨物機ネットワークでは、チリのサンチアゴ空港 (SCL)行きが週3便に増便されました。
  • 発着地パリ・シャルル・ドゴール空港(CDG) からエクアドル、キト(UIO)行き, 週3便。冬季の再開便として、モルディブ、マーレ国際空港(MLE)行き, 週2便、またセイシェル、マヘ島セーシェル国際空港(SEZ)行き, 週3便。
    貨物機ネットワークでは、ポート・ハーコート国際空港(PHC) 停泊が隔週で追加されました。

メインデッキ 頻度

画像をクリックすると拡大します
 

ワイドボディ機下部貨物室 頻度

画像をクリックすると拡大します
 

私たちは地図を飛ぶどこ

ツールにアクセスするには画像をクリック
 

弊社ウェブサイトでは クッキー(cookie) を使用しています
閉じる