ワクチン配送時にアルバで温かい歓迎

Pharma2月 - 18, 2021
KLMオランダ航空はアルバのベアトリクス女王国際空港到着時に、温かな歓迎を受けました。
放水アーチの温かなレセプションによる歓迎の後、ワクチンが現地当局により迎え入れられました。

2021216日、アルバ島住民のための新型コロナウイルス・ワクチンを載せたKL779便が、アルバに向けてアムステルダム・スキポール空港を飛び立ちました。これはアルバ島やその他オランダ王国に属する島々にワクチンを届けるために、今後数週間にわたって繰り返される輸送業務の第一便です。

王国カリブ海地域の医療を担当するオランダの保健・福祉・スポーツ大臣ポール・ブロクハウス氏およびKLMオランダ航空 代表取締役社長兼CEO ピーター・エルバース氏の立会いのもと、ワクチンが航空機に積み込まれました。

アルバにおける輸送物資の受け入れは、民間航空省とアルバ災害管理局とのコーディネーションの下で、アルバ首相イブリン・ウェバー・クローズ氏および観光・公衆衛生・スポーツ大臣ダンギ・オドゥバー氏により行われました。

ワクチン接種プロセスを確実に施行するため、現地の医療従事者は必要なトレーニングを受け、シミュレーションに参加しています。

弊社の医薬品オファーの詳細はこちらを、最新のフライトスケジュールはこちらをクリックしてください。

当ウェブサイトでは、必要な機能性クッキーと分析クッキーのみが使用されています。弊社では、マーケティングトラッカーを使用していません。もっと読む