生鮮品

生鮮品の輸送には、冷蔵設備を備えた輸送手段‘が必要です。当社は、温度管理に対応するサービスを3タイプご用意しました。冷凍の肉や魚、果物、野菜、生花まで、すべての生鮮品に対応します。

温度保証

Variation Fresh 1:冷凍の肉や魚など、厳しい温度管理を必要とする生鮮品を、一定の温度に管理された環境で輸送、保管します。
  • お客様のニーズに合わせ、–20°C~+20°Cの間の温度設定度管理コンテナ「Envirotainer」で輸送
  • 荷受け、積み替え、引き渡し中も温度、ドライアイス、バッテリー
  • をモニター積み替えは温度管理専用エリアで実施
  • +15°C~+25°Cの温度で蔵置
  • 機長による、飛行中のモニタリング
  • 世界的ネットワークを通じて、特殊輸送に特化した取り扱い
  • 到着から4時間以内に引き取り可能*

温度の管理

Variation Fresh 2:生花、鮮魚、野菜、果物など、温度に敏感な生鮮品に対応します。
  • お客様のニーズに合わせ、+2°C~+8°Cの温度設定
  • ご要望に応じて断熱ブランケットを使用
  • +2°C~+8°Cで蔵置および輸送
  • 機長による、飛行中の機内モニタリング

DAKAR VIDEO

 

NAIROBI VIDEO

 

極端な高温/低温からの保護

Variation Fresh 3:一部の果物、野菜など、特に厳密な温度管理を必要とせず、一般的貨物と同じ取り扱いで輸送中の極端な高温や低温からの保護を必要とする生鮮品に対応します。
  • +2°C~+25°Cの温度設定
  • ご要望に応じて断熱ブランケットを使用
  • 陸上輸送および蔵置中の極端な気象変化から保護します
* 到着空港により、取り扱い条件が異なります。

弊社ウェブサイトでは クッキー(cookie) を使用しています
閉じる