環境に配慮した地上オペレーション

一目でわかる地上オペレーション

電気自動車

KLMは、現在スキポール空港と共同でTaxiBotの試験運用を行っています。TaxiBotはハイブリッド トーイングカーで、近い将来タキシング(地上走行)がより持続可能な形になります。この革新的な試みは、エールフランス-KLM-マーティンエアーカーゴグループの貢献として、AFKLMPの貨物輸送機フリートの地上業務での排出を含め、2030年までに全地上オペレーションからの排出量を 0%に削減することを目指しています。TaxiBot実用化の試みは、当社が目指すサステイナビリティ目標に向けた、より持続可能な将来への有望なステップです。さらに、KLMはディーゼル機関を動力とする下方デッキローダーをすべて電動モデルに置換しています。私たちはこうした大規模な対応を始めた世界で最初の航空会社です。

倉庫照明

CDGとSPLの積荷倉庫では、新しいエネルギー効率に優れた照明装置で従来のシステムを置換することで、年間285トンのCO2排出を削減し、また関連コストの80%を節減(エネルギーと維持費削減)することに成功しました。

持続可能なオフィス

スキポールのTransPortオフィスビルは、持続可能な建物に認められる、LEEDプラチナ証明書を取得し、オランダで最初に最高レベルのLEED認証を取得したビルとなりました。LEED証明書は、建築セクターすべてを代表する非営利組織アメリカ・グリーン建築審議会(USGBC)()によって認定されます。LEEDでは、建物の設計、建設および管理の持続可能性が評価されます。このオフィスは、5つの環境上のテーマ(持続可能な位置、水、エネルギーと大気の効率的な使用、材料と資源、および室内環境の質)で、最も高いスコアを達成しました:

当ウェブサイトでは、必要な機能性クッキーと分析クッキーのみが使用されています。弊社では、マーケティングトラッカーを使用していません。もっと読む