私たちの取り組み

一目でわかるフライトオペレーション

機体重量削減

AFKLMPカーゴは、航空機の機体重量削減のあらゆるの革新的な考えを歓迎します。航空機の機体重量は軽いほど、燃料消費も少なくなります。フライトではたとえ1キロであっても、大きな削減につながるため、搭載重量を削減するために継続した取り組みを行っています。私たちはカーゴネット、コンテナおよびパレットの軽量化を進めています。例えば、カーゴネットは標準パレット・ネットより50%軽く、1年当たりで795リットルの燃油を削減できます。これは、1枚のネット当たりの1年で2.5トンのCO2縮小に換算されます。

Weight Reduction

重量を減らす取り組みのもう一つの例は、革新的な塗装システムです。このシステムによって、機体の塗装の重量が15%削減されています。その仕組みとは?ぜひ下記のビデオをご確認ください。

フライトの最適化

当グループのパイロットは、正確なフライトプラン、速度調節と最適化された手順、着陸のコンフィギュレーション、そして陸上滑走では1台のエンジンのみを使用するなど、燃費を節約できる手順の適用訓練を受けています。例えば:
  • エールフランスは、最も有利・最も不利な条件下(主として天候/風速および陸上滑走)を考慮した、参考フライトタイムの予測を改善する対策を行ってきました。これらの対策により、オンタイムフライトを改善し、加速の必要を減らすことで、燃料消費量を削減してきました。
  • エールフランスは、各フライトの計画を支援する新しいツールを展開し、燃料消費量を削減し、燃料消費量および燃料使用の最適化を目指す手段を実装してきました。飛行中にパイロットはフライトレベルとルートを最適化し、最新の気象情報を得られる、ネットワークツールを使用します。
  • KLMの燃料削減プロジェクトでは、エンジン燃料消費を最適化する様々なルートの改良実装、および航空機ファンブレードの再輪郭削りを含んでいました。

さらに私たちは、航空機性能最適化のため次のようなことを行っています:
  • エアコンディショニングと航空機出力で地上エンジン交換設備の使用改善、環境にやさしい設備への投資拡大。
  • 航空機性能を改善するすべてのメンテナンス分野の革新。これはエンジン水洗、空力を最適化する航空機外部の水洗およびエンジン取り外しサイクル実施が含まれます。2019年には、KLMは、格納庫での洗浄に加えてプラットフォームでエンジン水洗を実行するモバイル・ソリューションを導入しました。このモバイルソリューション代替により、年最大24,000 tのCO2が削減されます。


フリート刷新

私たちは、フリート刷新および近代化で率先した方針を追求し、これによって、フリートエネルギー効率改良を利用し、環境フットプリントの縮小に寄与します。2019年は、エールフランスのフリートに31機目のA350-900が加わりました。

2020年5月20日に、現在のCOVID-19危機および予期される業務への影響を考慮し、エールフランス-KLMグループは、エールフランス・エアバスA380運航終了を発表しました。A380の段階的廃止は当初は2022年の終わりに予定されており、この方針はより現代的で、環境フットプリントが著しく縮小された高性能機への移行の継続により、フリート競争力を高める迅速な簡素化戦略に適合していました。A380はエアバスA350およびボーイング787を含む新世代航空機と置換され、現在納機が進められています。エールフランスは、さらに10機のA350-900および60 A200-300を発注しフリートの刷新を加速し、エネルギー効率が劣る航空機の段階的廃止を計画しています。

次期には、迅速な近代化が進められたことで、KLMは B747-400を段階的に廃止しB787-10に置換し、エールフランス内ではA350-900への移行が進みます。2021時点でのエールフランスのA220-300の導入およびKLMのEMB 195 E2導入で、さらにグルーぷん短中距離フリートの近代化が進められます。

炭素排出オフセット

2012年以来、AFKLグループは、欧州連合の温室効果ガス排出割り当て(EU-ETS)の排出権取引計画に従ってきました。ICAOによって確立されCORSIA(国際航空の炭素排出オフセットと縮小計画)として知られる、世界的な市場に基づいたメカニズムは、2020年のベースラインに対しカーボン・ニュートラルな成長をターゲットとし、国際航空でCO2排出を削減することを目標とします。エールフランス、KLMおよびその他IATA航空会社メンバーは、この合意の実装に積極的に取り組んでいます。

2019年は、国際的な排出ベースラインを決定する、CORSIAの初年度報告書の一年目となり真sチア(CORSIAベースライン合意は2019年および2020年の平均となる);エールフランス-KLMグループは2020年4月末日でについて報告に従いました。

CORSIAのオフセット実装は、参加国間、つまり現在の国際航空活動の約76%に相当する81か国の間のルートに基づいて、2021年から2026年までの第1段階から始まります。

持続可能な航空燃料

持続可能な航空燃料を大規模に使用することによって、航空産業でのCO2 排出を80%縮減できる可能性があります。この理由から世界的に技術開発および持続可能な第1次製品についてのより進んだ調査が必要とされています。現在、持続可能な航空燃料の生産と市場は非常に限られています。エールフランスとKLMは、持続可能な航空燃料の市場開発への積極的な取り組みを行っています。詳細はエールフランスKLMサステイナビリティー報告書2019をご確認ください。


当ウェブサイトでは、必要な機能性クッキーと分析クッキーのみが使用されています。弊社では、マーケティングトラッカーを使用していません。もっと読む