KLMカーゴを見学

KLMカーゴにとって、安全とセキュリティは最優先課題です。こうした取り組みを支援するために、当社にはさまざまな安全規則があります。当社は、これらの規制対象を拡大しており、これはお客様にも関わることです。KLMカーゴのご見学の前に、当社の規則および規定の詳細をご確認ください。

KLMカーゴを見学

既存の安全規則の重要な追加事項として、 KLMカーゴの敷地内にアクセスするには、証明書を所持している必要があります。敷地内にアクセスする際に、この証明書と身分証明書を提示する必要があります。この証明書は、 あなたがKLMカーゴの規則を十分に理解していることを確認するために使用されます。

誰が行いますか?
  • 貨物の荷積みまたは荷下ろしを行うトラックの運転手を含むすべての訪問者

必要な手続き
  • カーゴを見学へお進みください
  • メールアドレスを入力してください
  • 言語を選択してください(オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語)
  • 「運送業者」オプションを選択してください
  • 安全規則を説明するビデオが流れます。このビデオは最後までご覧ください。
  • ビデオを全て視聴したことの証として証明書が届きます
  • この証明書はEメールで送信されます
  • 証明書は印刷するか、携帯電話に保存します
  • KLMカーゴの敷地内にアクセスする際は、証明書を手元にお持ちください
  • 証明書が有効であることを確認します

ヒント・コツ

  • KLMカーゴ施設にアクセスする前に、証明書を取得することをお勧めします。KLMカーゴは、オンサイトコンピュータやインターネット接続へのアクセスは提供しません。
  • 証明書は6ヶ月間有効ですのでご注意ください。有効期限は証明書に記載されています。
    証明書を更新するには、この日付より前に、再度ウェブサイトのカーゴを見学 にアクセスする必要があります。有効期限が切れる前に、この作業を適切なタイミングで行ってください。

お問い合わせ
ご質問がある場合は、visitcargo@klmcargo.nl.までEメールでお問い合わせください。

駐車場

貨物取扱施設には、来客用の駐車場はありませんので予めご了承ください。車、バイク、自転車は、貨物取扱施設の外に駐車する必要があります(貨物取扱施設前の有料駐車 P12 をお勧めします)。

敷地内の駐車には例外規則が設けられている場合があります。KLM従業員が登録を行った上で敷地内を訪問されるビジターの方は、適切な駐車場所をご利用ください。また、必ず後ろ向き並列駐車(後輪が車止めの側に来る状態)を行ってください。

写真撮影

貨物取扱施設内外では写真撮影は禁止されていますのでご注意ください。

安全性要件

エールフランス-KLM-マーティンエアーカーゴにおける安全は、従業員にとっても、訪問者にとっても重要です。これらの要件は、 KLMカーゴ施設を見学する際に以下の安全規則が適用されることをお客様に通知するものです。これらの規制に従わない場合、 KLMカーゴは一時的または永久的にお客様のアクセスを拒否する権利を有します。

トラフィックコントローラの指示 KLM 貨物施設のトラフィックコントローラの指示に従う必要があります。これらの指示に従わない場合( ACN カードを外した場合など)は、処分されます。また、 KLM カーゴにおいては、攻撃的/不適切な行動は許されません。ACN が定める行動規範に従って常に行動してください。

最大許容速度 KLM カーゴ施設での最大許容速度は 15 km/時です。この最高速度はすべての車両に適用されます。交通標識、記号および/またはKLMの従業員からの指示には常に従う必要があります。

個人用保護具 KLM カーゴ施設では常時どこでも安全ベスト と安全靴を着用してください。唯一の例外は、記された歩道 /横断歩道です。

IDカードは見えるように着用 ID カードは、必ず目に見えるように着用し、指示があったときに提示してください。緑のビジターズパスは前庭にのみアクセスできます。緑のビジターパスでは、赤いラインを越えて貨物エリアに入ることはできません。航空貨物のそばで無許可の人が見つかった場合は、計り知れない結果をもたらすことがあります。

無許可の人は封印を破かない 貨物の封印は KLM の従業員のみが破くことがあります。封印を破かずに積荷を下ろしてはなりません。破けた封印および/またドアのあいた貨物は、安全な貨物として受け入れられません。トラックの貨物用ドアの開閉は、ドックでのみ行われ、駐車場では行われません。

認識性 商用車の両側には、少なくとも 30 × 50 cm の会社のロゴが必要です。また、商用車には、表示されている会社名を明確に示す文字マークが付いていることが望ましいです。そのドライバーは、有効な識別情報を使用して、その会社で働いていることを実証できる必要があります。

アクセス性 KLMカーゴ施設にご来訪される際には、ドライバーの名前と電話番号を確認し、車両のフロントガラスの外側から判読できるようにする必要があります。

お問い合わせ

予約をご希望の場合は、現地カスタマーサービスまでお問い合わせください。

これは空輸に関連の法律と規則の包括的な概要ではない点にご注意ください。エールフランス-KLM-マーティンエアーカーゴは、情報の正確さと完全性についての責任を負いません。

当ウェブサイトでは、必要な機能性クッキーと分析クッキーのみが使用されています。弊社では、マーケティングトラッカーを使用していません。もっと読む